法律を知っておくことは登録なし出会い系を利用する上でも大切なことです

登録なし出会い系を利用する場合、もしものトラブルに備えて知っておいた方が良い法律があります。その一つが「電子消費者契約法」です。

これは平成13年12月25日に施行されたもので、ネット上で行われる電子商取引などにおける消費者の操作ミスの救済や、契約の成立時期の転換などを定めたものです。

電子消費者契約法が適用されるには、次の三つの条件を満たしている必要があります。

1:消費者と消費者間ではなく、消費者と事業者間での契約

2:パソコンや携帯端末を利用してネット上から、またはEメールを介しての手続き

3:消費者が作成した文面ではなく、事業者が用意した手続きに沿って交わされた契約かえってわかりにくくなってしまいましたが……例を挙げますと、確認画面だと思ってクリックしたら承諾画面だった。

無料だと思ったら有料で、代金請求をされてしまった。個数の入力ミスに気づかず、希望する数以上の商品が送られてきた。

上記のようなトラブルが発生し、それに対して事業者が「有料と明記していなかった」「確認画面がなかった」等の措置をしていなかった場合、契約を無効にできるのが電子消費者契約法です。

オークションのような個人間の取引には適用されませんが、登録なし出会い系なら消費者(利用者)と事業者(サイト運営会社)の契約になりますので、この法律が適用されますよ。

余談ですが、登録なし出会い系利用時のみならず、ネットショップでの買い物や入会登録、契約なども対象となりますので、知っておいて損はない法律です。

関連記事はコチラ♪